2019年01月02日

より精細な映像表示ができる8Kプロジェクター

フルHDや4Kで映像をプロジェクターで表示できるのは当たり前ですが、それを8K映像に変換して表示できるのが、「DLA-V9R」。

家庭用としては世界初。

8192×4320ドットでの表示の高精細映像表示が可能。

主な仕様は、コントラスト比が1000000:1、投写サイズが60~300型、明るさが2200ルーメン。

細かい描写できれいに見えるプロジェクターはいかがですか?

発売は1月下旬。
posted by ハイダー at 19:13| 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする